「白井市市民活動推進センター」は、市内の市民活動の推進を図るため団体活動を側面から支援する目的で、2003年12月1日に設置されました。

 主に共同作業室(印刷機・コピー機など)、共同活動室(会議室)の利用が多く、活動に関する資料作りや打ち合わせなどに活用されています。

 また、市民活動推進センターには52団体(2012年12月現在)が登録され、環境保全、福祉、社会教育、国際協力、文化・芸術、まちづくり、子ども健全育成など様々な分野で活動をしています。

 今後も、団体の情報発信や団体相互の交流事業を実施するなど機能を拡充させ、市民活動に参加する多くの市民や活動団体が「出会い」「集まる」拠点となると共に、市民活動団体相互のネットワークを維持し、発展させるセンター運営を目指していきたいと考えています。

 興味のあることから、まず第1歩を踏み出してみませんか? 白井市市民活動推進センターでは市内の市民活動団体を紹介しています。活動に興味がある方はお気軽にご相談ください。